0 items - $0.00 0

CREDENTIALS

CURRICULUM VITAE - RONA Z. SILKISS, M.D., FACS

免許下付 カリフォルニア州 1981年#G45822
ニューヨーク州 1982年 #149831

学歴:

1971年~1974年ブロンクス高等学校

1974年~1976年ノースウェスタン大学、エヴァンストン、IL,
理学士

1976年~1980年ノースウェスタン大学医学部、シカゴ、IL,
医学博士

1980年~1981年カリフォルニア州ロサンゼルス市児童病院、ロサンゼルス、CA
小児科インターン

1981年~1982年カリフォルニア州ロサンゼルス市児童病院、ロサンゼルス、CA
小児科、PL-2

1982年~1983年ニューヨーク州ニューヨーク市ニューヨーク病院、ニューヨーク
小児科、PL-3

1983年~1984年カリフォルニア州ロサンゼルス市カリフォルニア校、Jules Stein眼科学研究所、ロサンゼルス、CA
眼科学、PL-2

1984年~1985年カリフォルニア州ロサンゼルス市カリフォルニア分校Jules Stein眼科学研究所、ロサンゼルス、CA
眼科学、PL-3

1985年~1986年カリフォルニア州ロサンゼルス市カリフォルニア分校Jules Stein 眼科学研究所、ロサンゼルス、CA
眼科学、PL-4

1986年~1987年カリフォルニア州ロサンゼルス分校Jules Stein眼科学研究所、Henry I. Baylis、医学博士(眼形成眼窩外科・特別研究員)

職歴:

1987年~現在、於・開業医Rona Z. Silkiss MD、FACS (眼形成眼窩外科限定)

認定

医学専門家、全国医学審査委員会 1981年
医者認定書、米国小児科委員会 1985年
医者認定書、米国眼科学委員会 1987年

専門協会および所属学会

アルファオメガアルファ、1980年~現在
米国小児科学会特別会員、1983年~現在
米国眼形成再建外科学会特別会員
1988年~現在
米国外科学会特別会員、1990年~現在
米国眼科学会特別会員、1988年~現在
米国美容外科学会特別会員、1999年~2016年
米国眼科学会、2016年

米国医学会
カリフォルニア眼科学会
女性眼科学院
女性外科医師協会
米国女性医師協会
カリフォルニア医学協会
Alameda-Contra Costa医学協会
サンフランシスコ医学協会
サンタクララ医学協会

指導経験

2000年~現在カリフォルニア パシフィック メディカルセンター、眼形成眼窩外科部門主任
1988年~現在カリフォルニア パシフィック メディカルセンター、眼形成眼窩外科教育部門員
ジュールズスタイン眼科研究所講師、1988年~現在
カリフォルニア大学校バークレー校臨床医学科助教授,
1997年~2005年カリフォルニア大学サンフランシスコ校臨床医学科助教授
2006年~現在カリフォルニア大学サンフランシスコ校臨床医学科助教授

学術履歴

カリフォルニア眼科学会取締役
1997~2018年
カリフォルニア公共情報官副長官補佐
1997~1998年米国眼科学会
2001年~2007年カリフォルニア眼科学会保険事務副学長補佐
1993年~1995年東部湾眼科学会会長
米国眼形成外科学会教育委員
1995年~現在
2005年、2006年、2007年、2008年、2009年、2010年、2011年米国眼形成眼窩外科学会顧問
米国米国眼形成外科学会代役顧問
1999年~2004年
2008年、2009年米国眼科学会、ノミネート委員会直属部
2006,2007 米国眼形成外科学会、弁護委員会
2005年、2006年、2007年米国眼科学会審査委員
2007年米国眼科学会中央アフリカ地区中間フォーラム共同出席者
2007年米国眼科学会太平洋西北地区中間フォーラム,共同出席者
共同出席者2007年米国眼科学会太平洋西北地区、米国眼科学会秋季政務会議
2006年-現在米国眼科学会、メディアアドバイザー、カリフォルニア優位性専門医師アドバイザー
専門、医師アドバイザー、カリフォルニアアドバンテージ
入学審査委員会、ノースウェスタン大学医学部、1988年~2000年
カリフォルニア美容外科医師協会アドバイザー委員会
米国眼科学会眼顔面形成眼窩外科、専門家相談員、2012年~現在
米国眼科学会眼科Wikiセクション、議長、2013年~2018年

科学アドバイザー委員会委員

2006年~2008年、南サンフランシスコ生物治療薬物
2008年~2009年南サンフランシスコMyoscience (眼瞼形成術)

校閲者

眼形成眼窩外科ジャーナル、
外科、2008年~現在

米国医学協会雑誌、眼科、2013年

眼科学研究(2014年)

2005年~2010年、米国眼形成外科学会年次会議の、審美部門における要約論評

2008年~2010年米国眼形成外科学会年次会議の、再建部門における抄録レビュー

2012年~現在、EyeWiki、AAO編集委員会
2012年~現在、Ask the Expert、AAO

取締役員

2015年~現在Pacific Vision Foundation

賞罰

Arista栄誉協会
開会式辞朗読 – ブロンクス科学高等学校
州長知事によって優秀学生に表彰される
アルファラムダデルタ,栄誉協会
ノースウェスタン大学、院長リスト
アルファオメガアルファ
米国医学会女性協会賞受賞
ラング賞受賞
パーキンソン病基金会奨学金
メルルカーソン賞小児科研究賞受賞
ジュールズスタイン研究所研究賞受賞
1999年、ロバートアクセルロッド記念講師
2003年、米国眼科学会達成賞受賞
カリフォルニア パシフィック メディカルセンター、患者認知度賞 2010年
米国眼科学会、特別勲功賞受賞 2011年
米国眼科学会 Senior Achievement Award受賞、2012年
米国眼科学会議、2016年

バルカン協会会議リサーチ賞受賞、2013年(Dr. Ako Takakuraの指導)
バルカン協会会議リサーチ賞受賞、2014年(Dr. Ako Takakuraの指導)
バルカン協会会議リサーチ賞受賞、2016年(Dr. M. Govorkovaの指導)
バルカン協会会議リサーチ賞受賞、2017年(Dr. M. Govorkovaの指導)

カリフォルニア パシフィック メディカルセンター、研修医指導賞 2017年

ノースウェスタン大学 第33回研修医研究の日講演者、2017年

米国最優秀医師賞、2002年~2019年
米国最優秀眼科医賞、2005年~2019年
ピープルズチョイスドクター、2009年~2019年

外科医としての海外活動

1987年ケニア
1989年パキスタン
1992年カンボジア
ウズベキスタン 1993年–プロジェクトオルビス
リトアニア 1999年-=プロジェクトオルビス
チベット 2009年–チベット視力プロジェクト

出版物

医学論文校閲

Silkiss RZ、Baylis HI、自体脂肪注射眼部整形形成手術,1987年、3(2):71-75

Baylis HI、Silkiss RZ、瘢痕性内反の修復に向けた構造重視のアプローチ 眼部整形形成手術,1987年、3(1):17-20

Baylis, HI、Silkiss RZ、パイレックスラスのJaeger瞼板. 眼部整形形成手術,1987年、3(1):49

Silkiss RZ、Glasgow BJ、Baylis HI、対立する眼瞼茎フラップの血管再生研究、 眼部整形形成手術 1989年; 5(1):110-117

Silkiss RZ、Carroll RP、結膜手術、眼科手術1992; 23(4):288-91

Silkiss RZ、Axelrod RN、Iwach AG、Vassiliadis A、Hennings DR、
レーザー涙の道整形技術:YAG涙嚢鼻腔吻合手術,眼科手術 1992年; 23(5):351-53

Silkiss RZ、レーザー涙の道整形技術:YAGレーザー鼻涙管の通り、眼科手術1993年11月24(11):772-4

Silkiss RZ、美容外科患者を幸せにする8種類の方法,眼形成外科手術 2006年; 22 ( 3 ):157-160

Pham、RT、Biesman、BS、Silkiss RZ、毛尿治療ための810 nmダイオードレーザー:有効性研究、眼科形成、再建と眼の周りの外科手術 2006年11月; 22(6):445-447

SmartPlugTM涙点プラグ挿入後の合併症の管理:28患者を対象とした、Smart Plug試験グループ、Ophthalmology 2006年10月;113(10):1859-1862

McCracken M、Khan J、Silkiss RZ等及びそのほかの人、ヒアルロン酸ジェル(Restylane)充填顔部の若返り:286例の米国眼形成外科学会の治療実例形成及び眼窩外科手術 2006年; 22(3):188-191

Silkiss RZ、Mudvari SS、Shetlar D、嬰児鼻腔軟骨間葉性過誤腫の眼科紹介、眼科整形修復外科、2007年5~6月:23(3):243-4

Ho VH、Chevez-Barrios P、Jorgensen JL、Silkiss RZ、Esmaeli B、目の縁感染症候群の受体表現と標的療法に対する反応、抗原組織、2007年8月; 70(2):105-9.

El-Fassi D、Clemmensen O、Nielsen CH、Silkiss RZ、Hegedus L、Graves 眼病の患者はリツキシマブによる治療を受けた後で甲状腺の抗Bリンパ細胞が減る証拠、J Clin Endocrinol Metab.(2007 年10月:92(10):3762-3

Lauer、SA、Silkiss RZ、McCormick SA、甲状腺眼病における内服モンテルカストとセチリジンの使用、眼科整形形成外科、2008年7-8月;24(4):257-61

Silkiss RZ、Pomerleau Dら、多発性骨髄腫の角膜銅血:臨床病理関係
眼科の成果2008年7月;126(7):1005-6

Silkiss RZ、Green JE、Shetlar DJ、眼瞼小細胞神経癌眼瞼整形修繕外科。2008年7-8月;24(4):319-21

Silkiss RZ、Lee HS、Ray VG、ヒト免疫不全ウイルス患者の眼瞼下垂に関連する高活性抗レトロウイルス療法、Archives of Ophthalmology(2009年3月):127(3):345-6.

Nielsen、J、Fassi D、Nielsen C、Hegedus L、Lauer S、Silkiss RZ、Prause J. バセドウ病におけるリツキシマブ治療後の眼窩のBおよびT細胞減少のエビデンス、Acta Ophthalmol、編集者へのコメント(2009年11月;87(8):927-9)

Silkiss RZ、Reier A、Coleman M、Lauer S、甲状腺眼症に対するリツキシマブ、Ophthal Plast Reconstr Surg.(2010 年9月-10月:6(5):310-4).

Chappell M、Spencer WB、Day S、Silkiss RZ、上眼瞼の先天性異所性繊毛、Ophthal Plastic Reconstr Surg(2010年8月23日)

Doshi RおよびSilkiss RZ、多発性硬化症患者のバセドウ病(製薬会社の要請により取り止め)。

Paul S、Vo DおよびSilkiss RZ悪性と良性病変サンフランシスコ:多様な都市人口の研究(新聞)
American Journal of Clinical Medicine2011年冬号; 8(1)40-46

Gess AおよびSilkiss RZ、涙腺のメルケル細胞癌についての報告 Ophthal Plast Reconstr Surg(2011年7月)

Doshi RR、Silkiss RZ、Imes RK Bing-Neel 症候群における眼窩の改善、J Neuroophthalmol 2011年3月;31(1):94-5.

De Niro、JEおよびSilkiss RZ HIV関連リポアトロフィーに続発する重度眼球陥入および兎眼
BMJ症例報告 2011年;doi:10.1136/bcr.06.2011.4376

Moscato E、Dolmetsch A、Silkiss R、Seiff S.
機能的鼻涙管遮断の眼形成再建術が推定される成人の流涙治療用シリコン挿管(2012年(28)1:35-39)

Silkiss RZ、主題:ヒトの免疫不全細菌関連の眼瞼下垂。眼形成外科2012年11月:28(6):468-9

Aasi、S、Silkiss、R他。局所進行基底細胞がんに対する「Vismodegib」(米製品名Erivedge)治療後の
ケラトアカントーマの新規発症2症例の報告、JAMA皮膚科学149巻(No.2)、2013年2月

Gess A、Silkiss R、甲状腺眼症へのリツキマシブ療法失敗による眼窩B-リンパ球の増殖
眼形成外科2013年3月25日号。

Gill H、Silkiss R、他眼周囲と眼窩基底細胞癌治療へのErivedge™の使用、JAMA眼科学。2013年 131(12):1591-1594. doi:10.1001/jamaophthalmol.2013.5018

不活性状態のバセドウ病で認められたミュラー筋の組織構造
Lowinger A、Gill HS、Phan I、Garcia-Kennedy、 Silkiss RZ。
Can J Ophthalmol.2013年12月 48(6):468-70.Epub 2013年10月29日

De Niro JE、Cham EM、Silkiss RZ、血管腫様を呈する眼窩悪性間葉腫、J小児眼科的斜視2014年;51:e4-e7

「Vismodegib」(米製品名Erivedge)の基底細胞がんに対する効果の表記と限定について—返答。
Gill HS、Moscato EE、 Silkiss  RZ。
JAMA眼科学。2014年7月; 132(7):906

Takakura A およびSilkiss RZ、バゼドウ氏病の眼病に対する予測因子としてのTSIの使用、OPRS、眼形成再建手術。2015年9月-10月; 31(5):369-72。.

Sy A、Eliasieh K, Silkiss RZ、重度甲状腺眼症におけるトシリズマブに対する臨床反応、眼形成外科。2016年6月8日。

Russell、Dおよび Silkiss RZ、けん引縫合の代わりにロック鉗子を使用したミュラー筋切除の効果、The American Journal of Cosmetic Surgery 1–4 、2016年。

Sy、Aおよび Silkiss RZ、甲状腺眼症における血清総IgGおよびIgG4レベル、Int Med Case Rep J。2016年10月20日; 9:325-328

Silkiss RZ およびWade A、MRIでの研究としてのバセドウ氏病の甲状腺異常眼疾患における神経解剖学の変動、American Ophthalmological Society、Trans Am Ophthalmol Soc.2016年8月;114:T9.Epub 2017年5月24日。

Govorkova M、Milman T、Ying、G-S、Pan、W、Silkiss RZ,
眼瞼黄色板症の炎症性メディエータ:組織病理学的および免疫組織化学的試験、
Ophthal Plast Reconstr Surg.2017年5月5日。

Slean GR、Silkiss RZ、レナリドミド関連甲状腺関連眼瞼再建、Ophthal Plast Reconstr Surg.2017年10月19日

Wagner LH、Rotruck J, Silkiss RZ、膿尿症患者である3歳の女児における急性両側性眼瞼浮腫。
JAMA眼科学。2017年10月19日

Rosenbaum JT、Choi D、Harrington CA、Wilson DJ、Grossniklaus HE、Sibley CH、Salek SS、Ng JD、Dailey RA、Steele EA、Hayek B、Craven CM、Edward DP、Maktabi AMY、Al Hussain H、White VA、Dolman PJ、Czyz CN、Foster JA、Harris GJ、Bee YS、Tse DT、Alabiad CR、Dubovy SR、Kazim M、Selva D、Yeatts RP、Korn BS、Kikkawa DO, Silkiss RZ、Sivak-Callcott JA、Stauffer P、Planck SR.

涙腺に影響を及ぼす遺伝子発現プロファイリングおよび非特異的眼窩の炎症の異質性
JAMA眼科学。2017年11月1日;135(11):1156-1162

Patel P、Hemond M、Silkiss RZ、扁平上皮乳頭腫の非典型的症状
Ophthalmic Plastic & Reconstructive Surgery:2018年9月/10月 – 34巻 -5号- p e179
Doi:10.1097/IOP.0000000000001058

Ang、Mおよび Silkiss RZ、腫瘍摘出または眼球内容除去術後の術後疼痛管理のための長時間作用型リポソームブピバカイン(Exparel)の使用、編集者へのコメント、Ophthal Plast Reconstr Surg、2018年Vol 36(6)。

Paap M、Milman T、Ugradar S、Silkiss RZ,
死体モデルにおける充填剤に起因する失明の治療としての眼球後方ヒアルロニダーゼの評価、PRS-D-18-02199 R2、2019年8月。

Paap、Mおよび Silkiss RZ、甲状腺眼症治療のための静脈および皮下トシリズマブ、提出済み。

研究および抜粋

Silkiss RZ、外傷性眼瞼下垂の管理. 眼部整形形成手術,1987年、7:149-55

眼瞼領域の損傷の再建遅延診断的および外科的検討事項ベルにおける、顎矯正手術および再建手術での現代の作業Ed.Bell、Proffit & White.Pub.、W.B.Saunders Co.、1991年

頭部顔面奇形焦点米国眼科学会(1992年)

美容的下眼瞼成形術y、顎顔面手術クリニック、J.R.リッピンコット、2000年

美容的眼形成手術のヒントと間違いやすい落とし穴、編Hartstein M、Massry G、Holds J、スプリンガーVBM、ニューヨーク、2009年、2015年改編(第2版)
美容患者の評価
眼瞼手術の局所麻酔適用のための「デジタルディフュージョン」法
眼瞼形成での組織除去の検討事項
ボツリヌス毒素注射のヒント
改良挙筋前転術眼瞼下垂手術法

ボツリヌス毒素、Highlights of Ophthalmology、Slack、2009年、2015年改訂

注入可能な充填剤、Highlights of Ophthalmology、Slack、2009年、2015年改訂

眼瞼下垂- 先天性および後天性、Highlights of Ophthalmology、Slack、2009年、2015年改訂

美容的眼瞼形成、Highlights of Ophthalmology、Slack,
2015年改訂

充填剤、眼形成手術に関する軽いレベルの相談 Slack, 2010年、2015年改訂、2015年改訂

Khan JA, Archer K, Chaitanya VAら眼科の「眼形成手術」臨床および外科的原則Ends Proust LE, Tsai JH.ソロフェア、ニュージャージーSLACK Inc. 2012年。  第5章、 pp   135-97.  印刷

Silkiss, RZ 眼形成手術マニュアルの小児鼻涙管閉塞第5版、シュプリンガー・パブリッシング
共同編集者::Mark Levine, M.D.および Richard Allen, M.D., 2016年.

症例報告

Kinast, RM, Hammershlag, S, Silkiss, RZ, ウエイトリフティング愛好者の眼瞼下垂、EyeNet、2008年10月

Gordon、A、Silkiss RZ、バセドウ病、EyeNet、2009年5月

Hester、C、Silkiss RZ、Spencer、WB、Paraffinoma、EyeNet、2009年

Moscato、E、Silkiss RZ、眼窩内拡張を伴う上顎洞貯留嚢胞、EyeNet、2010年6月

Gill、Hおよび Silkiss RZ 洞不全症候群 EyeNet、2011年7月

Lowinger、A、Silkiss R、朝回診、迅速に深刻化する問題、EyeNet、2012年5月

Gill H、Imes R、Silkiss R. 朝回診、いびき、不活発および視神経乳頭腫脹、EyeNet、2012年6月

Ling Mおよび Silkiss R、脂腺系腫瘍、EyeNet、2013年8月

DeNiro、Eおよび Silkiss R、眼サルコイドーシス、EyeNet、2014年

Savar L、Coady P、Silkiss R、夜間飛行の疼痛および視界不良、EyeNet、2014年9月

Huang DおよびSilkiss R、メルケル細胞がんの診断および管理、眼のパール、EyeNet、2015年1月

Sy AおよびSilkiss R、緩やかな成長- 視神経髄膜腫の評価、EyeNet、2015年9月

Hemond MおよびSilkiss RZ、涙腺嚢胞、EyeNetおよび EyeWiki、2016年

Reiter SおよびSilkiss R、蝶形骨翼髄膜腫、EyeNet、2016年

Haile Mおよび Silkiss RZ、眼瞼皮膚弛緩症候群、EyeNetおよびEyeWiki、2016年

Russell Dおよび Silkiss RZ、孤在線維性腫瘍、EyeNetおよびEyeWiki、2016年

Patel PおよびSilkiss RZ、壊死性筋膜炎、EyeWiki、2016年

Hernandez JおよびSilkiss RZ、壊死性黄色肉芽腫、EyeNetおよびEyeWiki、2016年

Denny MおよびSilkiss RZ、眼咽頭型筋ジストロフィー、EyeNetおよびEyeWiki(2017年)

Leu ATおよびSilkiss RZ、粘液嚢胞、EyeWiki、2018年

Paap MおよびSilkiss RZ、乳管内乳頭腫、EyeWiki、2018年

Ang MおよびSilkiss RZ、ヒューズの再建、EyeWiki、2018年

Ang MおよびSilkiss RZ、眼窩リンパ腫/副鼻腔リンパ腫、EyeNet、2018年

Patel P、Ang MおよびSilkiss RZ、ピクセル化ビジョンの症例、EyeNet、2018年

Paap Mおよび Silkiss RZ、謎の腫瘤、EyeNet、2019年

手術指導ビデオ

Silkiss RZ、London NJ 眼科手術の基本のビデオアトラス、Agarwal A(編Slack Inc.、2010年

I:01 上眼瞼嚢胞摘除
I:02 脂肪類皮腫切除
I:14 上眼瞼挙筋短縮術による眼瞼下垂の修復
I:22 上眼瞼形成

Silkiss RZ、ロンドン、NJ 眼科手術の基本のビデオアトラス、Agarwal A(編).Slack Inc.、2010年

II:05 上直筋生検
II:19 アジアの眼瞼形成

研究および抄録

外科的動脈瘤クリップの応力腐食割れLucius Pitkin、Inc.、1975年

ネズミの脳の中のB-endorphinの免疫細胞化学分析コロンビア大学 1976年

ヒト胎児副腎細胞がACTHおよび下垂体抽出物に反応。
.小児科研究15;1543、1981年(抜粋)

インフルエンザ菌を有する小児おける.髄膜炎の5年の後ろ向きレビュー サウスウエスタン小児研究学会での発表 Merle Carson賞 – ロサンゼルス、1982年

先天性眼瞼下垂 -ロサンゼル小児病院の経験の後ろ向きレビュー 1982年南カリフォルニア大Estelle Doheny Eye Instituteの研修医デイでの発表

ポッター症候群の眼性症状(抜粋)、1985年米国小児眼科および斜視学会

正常胎児と白内障胎児の結晶分析、新生児および小児の水晶体、視力および眼科の研究協会(抜粋、1986年)

正常および異常なヒト水晶体におけるグルコース-6- リン酸塩デヒドロゲナーゼおよびアルドラーゼのレベル(抜粋 ARVO、1986年)

ポッター症候群の眼症状 1985年AAPOSおよび1985年AAOで発表

正常胎児と白内障胎児の結晶分析1986年ARVO会議で発表

グルコース-6-リン酸デヒドロゲナーゼおよびアルドラーゼの分析
ヒト胎児水晶体の活動 1986年ARVO会議で発表

眼窩移植材料としてのヒドロゲルの使用 ジュールススタイン眼研究所、1987年

Cutler-Beard Eyelid Flap – Gross血管再形成眼睑皮瓣毛额と病理分析 1988年ASOPRS会議で発表

ヒアルロン酸ジェル(restylane )充填顔部の若返り:286人の患者の治療から学ぶ教訓.Khan J.、Silkiss R他。2004年ASOPRSで発表

眼窩の定位放射でリンパ腫を治療する。Silkiss R.、Green J.、Maccabee H ,ASOPRS会議での発表 2004年

毛尿治療のための810 nmのダイオードレーザー:有効性研究Pham R.、Biesman B.、Silkiss R.ASOPRS会議での発表
2004

バゼドー病の治療のためのRestasisの利用、カリフォルニア大学サンフランシスコ校共同調査(2005年)

眼窩と眼瞼新生物の進展からの単クローン性抗体の細胞システムの発展Raven生物学製剤

眼科の血管腫瘍のVEGFレセプターの識別、ジェネンテック、進行中。

眼窩の炎性炎症性症候群のレセプター表現と磁性微球治療法の中の意味。Ho V.、Esmaeli B.、Silkiss R、ら2006年ASOPRS会議で発表ラスベガス

微生物スペクトルの涙嚢炎:一つの全国的な急性と慢性感染研究、米国眼形成外科学会涙嚢炎研究グループ 2006年

Ray VG、Lee HS、Silkiss RZ、HAARTヒト免疫不全ウィルス患者の眠瞼垂下症の治療、ARVO、2008年

Lauer SA、Kim ET、Silkiss RZ、T2脂肪抑制相対比STIRが甲状腺の目水腫に対する定量MRI評価はASOPRSに発表し登載された、2008

バゼドウ氏病の治療のためのリツキシマブの利用、IST ジェネンテックSilkiss RZ、Reier A、Coleman M、Lauer S. 2009年米国眼科学会で発表「最高文献」を受賞

RR Doshi、MD、JD Wender、AD Fu、RK Imes、RZ Silkiss,
両側性眼窩および視神経浸潤を伴うワルデンシュトレームマクログロブリン血症
国際神経眼科学学会フランスリヨン(2010年ポスター)ポスター

Lauer S、Silkiss RZ、心理的ストレス要因およびバゼドー氏病、ASOPRS(2010年)で発表

Paul S、Vo PおよびSilkiss RZ、多様な都市人口における眼瞼病変病理学の配信ポスター発表、AAO(2010年)

Silkiss RZ、Hough M、Wade AおよびGazzaley A、fMRI甲状腺眼症の評価、パシフィックビジョンファンデーション設立(2011年)進行中

Lowinger Aおよび Silkiss RZ、甲状腺眼症におけるミュラー筋の分析、太平洋視力協会後援の2011年、2012年バルカン協会会議で発表、2012年ARVOで発表

Gess A およびSilkiss RZ、ステロイド中の眼窩B細胞とリツキシマブ耐性甲状腺眼症の比較、太平洋視力協会後援の2012年バルカン協会会議で発表。

Takakura A およびSilkiss RZ、バゼドウ氏病の眼病に対する予測因子としてのTSIの使用、太平洋視力協会後援の2013年バルカン協会で発表、患者研究最優秀賞受賞。

外科手術患者の管理を支援するデジタルツール、太平洋視力協会後援、2014年バルカン協会で発表、最優秀客員研究者賞受賞。

Sy AおよびSilkiss, RZ, 甲状腺眼症における血清総IgGおよびIgG4レベル、ARVO, 2015年

Govorkova Mおよび Silkiss RZ、炎症と眼瞼黄色板症見本の刺激的な目印の表現力の組織病理学的分析、2016年バルカン協会。患者研究最優秀賞受賞

Denny Mおよび Silkiss RZ、Eye Drano、涙管石の成分および解消のための考えうる材料の分析バルカン協会、2016年

Govorkova Mおよび Silkiss RZ、眼瞼形成の精度および結果を向上する機器、パート1、バルカン協会(2017年)患者研究最優秀賞受賞

Govorkova Mおよび Silkiss RZ、眼瞼形成の精度および結果を向上する機器、パート2、バルカン協会(2018年)患者研究最優秀賞受賞

 

医療コンサルタントおよび医療業界調査員

THC:YAG涙嚢鼻腔吻合手術。1990年~1992年、Sunrise Technologies社

リバーシブルな点閉塞 1993年コンサルタント、ランデック

毛尿治療のための810mmダイオードレーザー Cynosure 2003年~現在

単クローン性抗体製品発展腫瘍細胞システム、調査員、Raven Biotechnology(2002~2008年)

リツキシマブバセドウ病試験、治験責任医師、ジェネンテック(2006年~2009年)

血管内皮細胞の増殖因子レセプターは眼窩の血管腫に対する評価、ジェネンテック(2006年~2008年)

単クローン抗体甲状腺眼症治療の評価、ジェネンテック(2014年)

設計者

IMORI (下中間の眼窩の移植): Porexにより製造。

ジョーンズチューブ局在診断用光ファイバー機器:Gunterr Weiss(ポートランド、オレゴン)により設計および製造。

涙縁切開牽引器: ボシュロムにより製造。

粘膜: BauschとLombにより承認されたコンセプト。

照明鼻検鏡: BauschとLombにより承認されたコンセプト。

委員の任命

2015年Pacific Vision Foundation
カリフォルニアアカデミー眼科医師および外科医(2016-2018)

招待を受けた講演者

ジュールススタイン眼研究所:眼瞼形成シンポジウム、1987年、1988年
1989年、1990年、1991年、1992年

カリフォルニア大学バークレー校眼部シンポジウム(1990年)

眼窩炎症の国際シンポジウムアリカンテ、スペイン 、1988年、1990年

カリフォルニア協会形成手術:結膜眼瞼形成術 1991年

症例検討会:セント フランシス病院.結膜眼瞼形成術 1991年

研修医会議眼瞼の位置異常 眼瞼位置異常、太平洋長老制医療センター 1991年

眼窩の構造/解剖 眼瞼位置異常、太平洋長老制医療センター 1990年

バルカン協会: 結膜眼瞼形成術 1990年
白内障手術の後の眼瞼下垂症 1989年
鼻涙管損傷の外科的再建 1996年
レーザー眼瞼形成術とレーザー研削手術 1998年

外科的ラウンド:オークランド児童病院 1990年
ジョンミューア医療センター 1989年、1992年
ワシントン病院 1992年

ジュールズスタイン年次総会: 小児の眼瞼下垂手術。 ロサンゼルス(1992年)

ジャーナルクラブ:眼瞼下垂および弱視。 カリフォルニア太平洋医療センター、1992年

美容的眼瞼形成. メアリーケイ化粧品 1992年

フェルドスタイン会議:経結膜眼瞼形成および眼瞼の位置異常 マウントサイナイ、1992年

Mosaic – 議会 1992年:美容外科手術の議論

カリフォルニア大学バークレー校、検眼レビュー:眼瞼病変、1992年

ジュールススタイン眼研究所:先進的な涙骨手術セミナー 1993年

米国眼科学会米国眼科学会・年次総会:眼部損傷 1993年

米国眼科学会米国眼科学会・年次総会:眼瞼下垂症矯正
サンフランシスコ、1994年

カリフォルニア視力測定学年次総会:眼瞼下垂最新情報眼瞼下垂症矯正 1995年

米国眼科学会米国眼科学会・年次総会:眼形成手術の術策。アトランタ、1995年。

米国眼科学会米国眼科学会・年次総会:内視鏡的
前額リフト. アトランタ、1995年。

Lidski:緩んだ下眼瞼結膜眼瞼矯正の安定性 1996年

北カリフォルニア視力測定協会:眼瞼下垂症 1996年

眼部シンポジウム:眼部外科整形矯正 1996年

ジュールススタイン眼研究所:上眼瞼手術 1996年

カリフォルニア大学バークレー校:眼窩新生物形成と眼瞼形成 1996年

ジュールズスタイン眼瞼形成術セミナー:上眼瞼形成手術手法 1997年。

ジュールズスタイン眼瞼形成術セミナー:上眼瞼形成手術手法 1998年。

眼部シンポジウム:眼瞼位置異常 1999年

ジュールズスタイン眼瞼形成術セミナー:レーザー眼瞼形成術 2000年

眼部シンポジウム:眼瞼下垂症評価と管理 2000年

サンタクララ視力測定協会:眼瞼位置異常、2000年

国際眼科学大会(チリ、サンチァゴ):レーザーリサーフェシング、眼瞼下垂症、レーザー眼瞼形成術、2000年

カリフォルニア大学バークレー校検眼学部眼瞼
位置異常、2000~2005年

カリフォルニア太平洋医療センター症例検討会:眼瞼位置異常、2000年

カリフォルニア大学サンフランシスコ校/CPMC整形外科セミナー:眼瞼新生物形成と形成、2001年

バルカン協会:美容的強化処置、2001年

サンフランシスコカリフォルニア大学症例検討会:眼窩の内側眼角腫、2001年

眼部シンポジウム:美容的強化処置、2001年

ジュールズスタイン眼瞼形成術セミナー:複合型後方眼瞼下垂と眼瞼形成術手順 2001年

Kaiser Permanenteの症例検討会(オークランド):眼周囲腫瘍
と再建、2001年

オタゴ大学、ダニーデン:眼瞼新生物と
再建、2002年
ジュールススタイン眼研究所、最小侵襲外科手術シンポジウム:美容注射の安全性、美的認識、2002年

ジュールススタイン眼研究所眼瞼整形コース、:スタイルと眼瞼形成術-どのようにして美しい眼瞼を作るか、2002年

眼部シンポジウム:眼瞼腫瘍形成および再建 2002年

カリフォルニア大学サンフランシスコ校/CPMC外科整形講演シリーズ:無眼球症ソケット、2003年

カリフォルニア大学サンフランシスコ校/CPMC外科整形講演シリーズ:眼瞼腫瘍形および再建 2003年

サンフランシスコ視力測定協会:眼瞼腫瘍形および再建 2003年

眼部シンポジウム:美容的強化処置、2003年

オタゴ大学(クライストチャーチ):眼瞼腫瘍形および再建 2003年

カリフォルニア大学サンフランシスコ校/CPMC外科整形講演シリーズ:眼瞼形成術 2004年

ジュールススタイン眼研究所眼瞼整形と顔の若返りコース:患者を幸せにする眼瞼形成
サンディエゴ、2004年

米国カリフォルニア大学バークレー校検眼学部、眼瞼新生物形成および再建、2004年

米国カリフォルニア大学バークレー校検眼学部、眼窩病、2004年

内視鏡額リフト、技術移転コースインストラクター、米国眼科学院、2004年

カリフォルニア太平洋医療センター症例検討会、眼窩病、2004年

カリフォルニア大学サンフランシスコ患者を幸せにする8種類の方法、眼科学、2005年。

ボトックス、充填剤、およびレーザー。顔の若返りの最新技術、カリフォルニア太平洋医療センター、コースディレクター、2005年3月

カリフォルニア大学サンフランシスコ校/CPMC外科整形講演シリーズ:眼瞼形成術 2005年

カリフォルニア大学サンフランシスコ校/CPMC外科整形講演シリーズ:無眼球症ソケット、2005年

カリフォルニア州太平洋医学センター顔の若返りコース、患者を幸せにするための8種類の方法 2005年3月

モーガン/Sarver講演、眼部美容整形矯正、2005年4月

Kaiser Permanente 全国電話会議,ゲストスピーカー、眼瞼新生物及び再建、2005年4月

カリフォルニア大学サンフランシスコ校/CPMC外科整形講演シリーズ:眼瞼新生物形および再建、眼角を含む、 2005年5月

眼部シンポジウム、眼窩病、サンフランシスコ、2005年6月

症例検討会、CPMC、眼窩病及び薬物治療、2005年

顔面の美容外科、患者を幸せにする8種類の方法、2005年6月(ラスベガス、ネバダ)

顔面の美容外科、眼窩美容外科手術の一部分としての上眼瞼眼瞼下垂症回復手術、2005年6月(ラスベガス、ネバダ)

顔面の美容外科、美の感覚の概念と現実での実用性2005年6月(ラスベガス、ネバダ)

専門家が楽しい眼瞼整形患者を造る秘訣、ジュールススタイン眼研究所、美顔整形手術と若返り手術コース、2005年(テメキュラ、 カリフォルニア)

カリフォルニア大学バークレー校検眼学部、眼瞼位置異常、2005年9月

症例検討会米国カリフォルニア州太平洋医学センター、眼瞼位置異常、2005年10月

米国眼形成眼窩外科協会、顔面移植及び充填剤、2005年10月

米国眼科学会、専門家と一緒の朝食会、ボトックスと充填剤:選択と管理、2005年10月

米国眼科学会、内視鏡額リフト技術移転コース、2005年10月~2013年

米国眼科学会、ボトックスと充填剤の技術移転コース 2005年10月~2013年

カリフォルニア大学バークレー校検眼学部、眼窩病 2005年11月

カリフォルニア大学サンフランシスコ校/CPMC外科整形講演シリーズ:眼瞼形成術、2005年11月

カリフォルニア大学サンフランシスコ校/CPMC解剖研究室、2000年~現在

カリフォルニア大学サンフランシスコ校/CPMC外形整形技術移転研究室、2000年~現在

CPMC/カリフォルニア大学サンフランシスコ校ジャーナルクラブ、2000年~現在

カリフォルニア太平洋医療センター症例検討会、外科的相互関係による上眼瞼解 2006年

カリフォルニア太平洋医療センター症例検討会、外科的相互関係による下眼瞼解、 2006年3月

専門家が幸せな眼瞼整形患者を造る秘訣、ジュールススタイン眼研究所、顔部整形と若返りコース2006年(ロサンゼルス、カリフォルニア)

スタンフォードベイエリア眼科学コース、外科的相互関係による上眼瞼解剖、2006年

スタンフォードベイエリア眼科学コース、外科的相互関係による下眼瞼解剖、2006年

カリフォルニア大学バークレー校検眼学校、眼瞼位置異常 2006年9月

カリフォルニア大学バークレー校検眼学部眼窩病、2006年10月

眼窩腫瘍の臨床関連性、Raven Biotechnologies 2006年9月

眼窩腫瘍、連合委員会の専任眼科保健人員(JCAHPO)2006年(ラスべガス)

眼窩位置異常、連合委員会の専任眼科保健人員(JCAHPO)、2007年(ニューオリンズ)

CPMC-カリフォルニア大学サンフランシスコ校眼形成外科ジャーナルクラブ、2007年

症例検討会カリフォルニア パシフィック メディカルセンター、2006年10月

症例検討会カリフォルニア パシフィック メディカルセンター、2007年3月

症例検討会カリフォルニア パシフィック メディカルセンター、2007年5月

カリフォルニア大学サンフランシスコ校最小低侵襲外科コース、2007年5月(サンフランシスコ)
眼窩骨膜複合体の機能的および美的評価、下部眼瞼形成術、結膜横断アプローチ、中顔面インプラント

バルカン会議(2007年6月)バセドウ氏病治療のためのリツキシマブ

眼科シンポジウム(2007年6月)眼窩の評価と治療

スタンフォードベイエリアの眼科コース、涙腺の構造、疾患と治療、2007年(ニューオーリンズ)
米国眼科学会、2007年11月(ニューオーリンズ)
専門家との朝食-ボトックスと充填剤
内視鏡下前額リフトスキル転換コース
ボトックスと充填剤技能移転コース

JCHAPO ニューオーリンズ(2007年11月) 眼瞼位置の異常- 評価と治療

症例検討会カリフォルニア パシフィック メディカルセンター(2008年2月)

症例検討会クリスとチャーチニュージーランド(2008年3月)

症例検討会カリフォルニア太平洋メディカルセンター(2008年5月)

プライムタイム、カリフォルニア パシフィック メディカルセンター眼瞼位置の異常:評価と治療(2008年5月)

無眼球症ソケット、CPMC-カリフォルニア大学サンフランシスコ校、プラクティスレクチャ^シリーズ(2008年)

眼科シンポジウム、サンフランシスコ、バセドウ病最新情報(2008年)

ジュールススタイン眼研究所、眼瞼形成セミナーr(2008年)

Stanford Bay Area Ophthalmology Course、Lacrimal Anatomy、Disease and Therapeutics(2008年)

2008年度ニュージーランド一般開業医コース :外科スキルのワークショップ、基礎とアドバンス

カリフォルニア大学バークレー校検眼学部、眼瞼位置の異常(2008年)

カリフォルニア大学バークレー校検眼学部、眼窩疾患(2008年)

カリフォルニア大学サンフランシスコ校、外科スキルコース(2008年)

白内障の手術等の革新、一般眼科医のための眼瞼形成とボトックス、オークランド(2008年)

眼瞼位置の異常評価と治療、連合委員会の専任眼科保健人員(JCAHPO)、アトランタ(2008年)

米国眼科学会、アトランタ(2008年11月)
専門家との朝食-ボトックスと充填剤
内視鏡下前額リフトスキル転換コース
ボトックスと充填剤技能移転コース

症例検討会、カリフォルニア パシフィック メディカルセンター(2008年11月)

CPMCプライムタイム、眼窩疾患:評価と治療(2008年11月)

カリフォルニア大学サンフランシスコ校、年次12月コース、モデレータ Plastics Section(2008年)

眼瞼位置の異常評価と治療、サンマテオ群オプトメトリック協会、2009年

CPMC-カリフォルニア大学サンフランシスコ校眼形成外科ジャーナルクラブ、2009年

症例検討会、カリフォルニア パシフィック メディカルセンター(2009年3月)

症例検討会、カリフォルニア パシフィック メディカルセンター、2009年6月

プライムタイム研修医指導レクチャー、カリフォルニア パシフィック メディカルセンター、眼瞼新生物形成と再建(2009年)

眼科シンポジウム(2009年)

核出、除去、摘出、ソケット再建 CPMC-カリフォルニア大学サンフランシスコ校、プラスティックレクチャーシリーズ(2009年)

眼角を含む眼瞼再建
CPMC-カリフォルニア大学サンフランシスコ校、プラスティックレクチャーシリーズ(2009年)

カリフォルニアアカデミー眼科医師および外科医年次会合モデレータ(2009年3月)

カリフォルニアアカデミー眼科医師および外科医年次会合、眼科的美容手術概要(2009年3月)

バルカン会議、インターネット医師評価サービス(2009年6月)

スタンフォードベイエリア眼科コース、涙腺の構造、生理学と管理(2009年6月)

ジュールズスタイン眼科研究所の美学コース、審美的に満足する眼瞼の作成方法美学的に好ましい眼瞼の作成法(2009年7月).

ボツリヌス毒素- 20年のレビュ、審美の向こうのボツリヌス毒素、カリフォルニア パシフィック メディカルセンター(2009年)

米国眼科学会、再建形成手術、モデレータ 涙腺セクション(2009年度)

American Academy of Ophthalmology(2009年)

専門家との朝食-ボトックスと充填剤
内視鏡下前額リフトスキル転換コース
ボトックスと充填剤技能移転コース
顔面リフト技術移転コース

バセドウ病治療のためのリツキシマブ、Lauer SおよびSilkiss RZ-「最高文献賞」受賞

JCHAPO 年次会合眼瞼位置の異常:診察と管理(2009年)

CPMC 眼瞼症例検討会(2009年)

CPMC プライムタイム(2009年)

カリフォルニア大学サンフランシスコ校年次会合局所療法眼周囲の腫瘍の治療(2009年)

CPMC 眼瞼症例検討会(2010年)

CPMC プライムタイム(2010年)

スタンフォード大学ベイエリア眼科コース(2010年)

涙腺外科
上瞼手術と外科
下瞼手術と外科

ジュールススタイン眼瞼整形セミナー患者に安心を与え、眼瞼形成手術を成功に導く方法(2010年)

JCHAPO 年次会合眼瞼位置の異常:診断と管理(2010年)

JCHAPO 年次会合眼窩疾患(2010年)

JCHAPO下位専門デイ、眼瞼形成(2010年)

心理社会的ストレス因子とバゼドー氏病、ASOPRS(2010年)

米国眼科学会(2010年)

内視鏡下前額リフトスキル転換コース
ボトックスと充填剤技能移転コース
顔面リフト技術移転コース

下位専門分野デイ-ポイント・カウンターポイント-甲状腺眼症に対する放射線治療対生物製剤

オタゴ大学(2010年)OSCE、甲状腺眼症
オタゴ大学(2010年)OSCE、ボトックスと充填剤
カリフォルニア大学バークレー校、眼瞼位置の異常(2010年)
カリフォルニア大学バークレー校、眼窩疾患(2010年)

カリフォルニア大学サンフランシスコ校、甲状腺眼症のためのリツキシマブ(2010年)

カリフォルニア大学サンフランシスコ校、甲状腺眼症の全身治療(2010年)

CPMC 症例検討会(2011年)
CPMC プライムタイム眼瞼位置の異常(2011年)

サンフランシスコ検眼協会眼瞼の位置異常(2011年)

サンフランシスコ検眼協会、眼眼瞼新生物形成と再建(2011年)

アラメダContra- Costa 検眼協会眼瞼の位置異常(2011年4月)

CPMC 形成外科症例検討会(2011年1月)

アジア太平洋眼科協会、(顔面リフト技術移転コース、オーストラリア)外来における美容眼瞼形成術(2011年3月)

カリフォルニア大学サンフランシスコ校-CPMC、眼球内容除去講義(2011年5月)

ベイエリア眼科学コース、スタンフォード大学(2011年7月)
臨床的相関性を持つ上眼瞼解剖学
臨床的相互関係による下眼瞼解剖
涙腺の解剖学、診断と治療

ジュールススタイン眼研究所、顔部整形と若返りコース、下眼瞼形成術:患者選定及び技術(2011年7月)

女性外科医師協会(2011年8月)
30分間の眼瞼形成術
顔部若返り:充填剤と毒素
インジェクション研究所:実践授業

カリフォルニア大学バークレー校、眼瞼の位置異常(2011年9月)
カリフォルニア大学バークレー校、眼窩(2011年10月)

米国眼科学会議(2011年)オーランド
専門家との朝食:眼瞼内反症と眼瞼外反症:どの手術を行うべきか?
ボトックスおよび充填剤技能移転コース
内視鏡額リフト技術移転コース

JCAHPO (2011年)オーランド

眼瞼の位置異常
眼瞼新生物形成:診断と治療
眼窩:評価と治療

米国眼科学会専門分野評議会、認定および検定におけるASOPRSによる最新情報(2011年11月)

ニュージーランドクイーンズタウン総合病院、眼瞼の位置異常:査定と治療学(2011年11月)

CPMC 形成外科症例検討会(2011年12月)

カリフォルニア大学サンフランシスコ校、12月コース(2011年12月)眼窩周囲の若返りにおける最新情報:充填剤と毒素

CPMC/カリフォルニア大学サンフランシスコ校、2012年形成外科教育シリーズ:
眼瞼新生物と再建
顔部若返り:充填剤、ボトックス、再表面加工

Rossmoor 教育シリーズ
年配者向け眼顔面形成手術(2012年1月)

世界会議、アブダビ(2012月2月)
議長、非侵襲的手術
30分間の眼瞼形成術
甲状腺眼症の治療における新たな生物製剤
眼瞼再建
前頭筋利用吊り上げ法のための筋膜- ゴールドスタンダード

CPMC 症例検討会(2012年2月)

眼科シンポジウム、顔面若返りにおける最新情報情報(2012年6月)

CPMC/カリフォルニア大学サンフランシスコ校眼顔面整形ジャーナルクラブ(2012年6月)

ジュールズシュタイン眼研究所、審美学科、審美的に満足する眼瞼の作成方法(2012年6月)

スタンフォード大学ベイエリア眼科コース(2012年)
臨床的相関性を持つ上眼瞼解剖学
臨床的相互関係による下眼瞼解剖
涙腺の解剖学、診断と治療

カリフォルニア大学バークレー校検眼学校、眼瞼位置異常(2012年9月)

カリフォルニア大学バークレー校検眼学部、眼窩腫瘍(2012年10月)

JCAHPO オーランド(2012年11月)

眼瞼の位置異常
眼瞼新生物形成:診断と治療
眼窩:評価と治療

米国眼科学会(シカゴ、2012年11月)
下位専門デイ:甲状腺眼病におけるリツキシマブの使用
専門家との朝食:眼瞼新生物と再建
ボトックスおよび充填剤技能移転コース
内視鏡額リフト技術移転コース
机上AAO眼形成術セッション
金属から分子まで、眼顔面形成術の進歩

UCSF:審美的に満足する眼瞼の作成方法(2012年12月)

CPMC 症例検討会、2012年12月

CPMC プライムタイム、眼瞼新生物と再建、2012年

CPMC 症例検討会、2013年3月

CPMCプライムタイム、眼瞼新生物:評価と診断
カリフォルニア大学バークレー校検眼学部、モーガン・サーバーの講義、2013年

バルカン協会、クロスロードにある甲状腺眼症の治療、2013年6月

視覚のシンポジウム、眼窩新生物治療の進歩、2013年6月。

ベイエリア眼科学コース、スタンフォード大学、2013年7月
臨床的相関性を持つ上眼瞼解剖学
臨床的相互関係による下眼瞼解剖
涙腺の解剖学、診断と治療

ジュールズスタイン眼科研究所の美学コース、美学的に好ましい眼瞼の作成法、2013年7月。

ジェネンテック、甲状腺眼症:岐路にある治療、2013年8月。

CPMC症例検討会、2013年9月。

CPMCプライムタイム、眼窩新生物、2013年

カリフォルニア大学バークレー校検眼学部、眼瞼位置異常、2013年。

カリフォルニア大学バークレー校検眼学部、眼窩の疾患、2013年。

JCAHPOニューオーリンズ、2013年11月

眼瞼の位置異常
眼瞼新生物形成:診断と治療
眼窩:評価と治療

米国眼科学会・ニューオーリンズ、2013年11月

専門家との朝食:眼瞼形成
ボトックスおよび充填剤技能移転コース
内視鏡額リフト技術移転コース

カリフォルニア大学サンフランシスコ校、基底細胞癌治療の進歩、2013年。

サンタクララ医学協会、眼瞼新生物:外科・非外科的治療(2014年)

CPMC症例検討会(2014年1月、11月、3月)

CPMCプライムタイム、眼瞼新生物:評価と診断

眼科シンポジウム、単クローン抗体治療の標的疾患の特定(2014年6月)

ベイエリア眼科学コース、スタンフォード大学(2014年7月)
臨床的相関性を持つ上眼瞼解剖学
臨床的相互関係による下眼瞼解剖
涙腺の解剖学、診断と治療

ジュールズスタイン眼科学会審美コース、審美的眼瞼形成術(2014年7月)

CPMCプライムタイム、眼瞼新生物(2014年)

カリフォルニア大学バークレー校検眼学校、眼瞼位置異常(2014年)

カリフォルニア大学バークレー校検眼学校、眼窩の疾患(2014年)

JCAHPOシカゴ(2014年11月)

眼瞼の位置異常
眼窩:評価と治療

米国眼科学会専門分野評議会、甲状腺眼症治療用単クローン抗体、シカゴ(2014年11月)

米国眼科学会、シカゴ(2014年11月)

ボトックスおよび充填剤技能移転コース
内視鏡額リフト技術移転コース

CPMC眼形成、ジャーナルクラブ、2014年

美容ブートキャンプ、サンフランシスコ、注射剤による眼窩周囲および眼窩の解剖術の考察(2014年)

美容ブートキャンプ、サンフランシスコ、患者への注射ライブデモ(2014年)

UCSF、免疫グロブリンG4病の新診断定義と旧疾病(2014年)

CPMC 眼形成講演シリーズ-
甲状腺眼症 – 2015年1月
無眼球症ソケット, 2015年6月
瞼の位置異常- 2015年11月

CPMC 症例研究会2015年3月、10月、12月.

CPMC プライムタイム、眼瞼位置異常

CPMC プライムタイム、眼瞼新生物および再建

CPMC プライムタイム, 眼球疾病、評価および再建

眼科シンポジウム、眼瞼の解剖および美容アンチエイジ技術への関連(2015年6月)

スタンフォードベイエリア眼科学コース、2015年7月
臨床的相関性を持つ上眼瞼解剖学
臨床的相互関係による下眼瞼解剖
涙腺の解剖学、診断と治療

ジュールススタイン眼研究所審美コース、フィラーパネル、2015年

ジュールススタイン眼研究所審美コース、解剖ラボ、インストラクター、2015年

カリフォルニア大学バークレー校検眼学部、眼瞼位置の異常(2015年)

カリフォルニア大学バークレー校検眼学部、眼窩疾患(2015年)

米国眼科学会、眼形成最新情報:涙を流す小児患者の治療:最新情報、ラスベガス(2015年)

米国眼科学会・シカゴ,(2015年11月)

ボトックスおよび充填剤技能移転コース
内視鏡額リフト技術移転コース

JCAHPO ラスベガス、2015年11月

眼瞼の位置異常
眼窩:評価と治療

Orbital Mastersシンポジウム、ジュールススタイン眼研究所審美コース、最新情報:甲状腺眼症のための新しい生物製剤(2016年)

CPMC 眼形成レクチャーシリーズ:眼瞼再建
CPMC 眼形成レクチャーシリーズ:涙液解剖学、生理学および管理

眼科シンポジウム、眼形成手術最新情報、小児の治療の最新情報は?2016年6月

米国眼科学会、シカゴ(2016年11月)

ボトックスおよび充填剤技能移転コース
内視鏡額リフト技術移転コース

JCAHPO、眼瞼の位置異常(2016年10月)

アラメダ検眼協会眼瞼の位置異常(2017年)

眼部シンポジウム、眼形成手術の技術革新(2017年6月)

ノースウェスタン大学 Robert G. Miller記念講演、甲状腺眼症治療の新見解(2017年6月)

ジュールススタイン眼研究所審美コース、死体解剖インストラクター(2017年)

ジュールススタイン眼研究所審美コース、上眼瞼形成成功の秘密-患者選択、手術計画および手術技法(2017年)

JCAHPO、眼瞼の位置異常:診断と治療、サンフランシスコ(2017年)

CPMCプライムタイム、安全な注入と眼周辺パールについての解剖学的考慮事項(2017年)

JCAHPO、眼瞼の位置異常:診断と治療、ニューオリンズ(2017年11月)

美容ブートキャンプ、サンフランシスコC、安全な注入と眼周辺パールについての解剖学的考慮事項(2017年11月)

美容ブートキャンプ、サンフランシスコ、患者への注射ライブデモ(2017年11月)

CPMC整形講演シリーズ:眼瞼位置の異常診断と治療、ニューオリンズ(2017年11月)
カリフォルニア大学バークレー校実習(2018年1月)

CPMC整形講演シリーズ:眼瞼再建(2018年2月)

ジュールススタイン眼研究所審美コース、眼窩マスターズコース、リツキシマブ、トシリズマブおよびテプロツムマブエビデンスは何か(2018年2月)

眼部シンポジウム(2018年)

美容ブートキャンプ、アスペン(2018年)
充填剤および毒性合併症
涙袋の評価と管理

ベイエリア眼科学コース、スタンフォード大学(2018年7月)
涙腺の解剖学、診断と治療

ジュールススタイン眼研究所審美コース:眼瞼形成成功の秘密(2018年7月)

米国眼科学会・シカゴ(2018年10月)

ボトックスおよび充填剤技能移転コース

CPMC プライムタイム:涙腺の解剖、生理学と治療(2018年12月)

2019

眼部シンポジウム:眼形成手術最新情報(2019年6月)

メイヨークリニック会議(2019年6月)

スタンフォードベイエリア眼科学コース、2019年7月
涙腺の解剖学、診断と治療

ジュールススタイン眼研究所審美コース:眼瞼形成成功の秘密(2019年7月)

米国眼科学会・サンフランシスコ(2019年10月)

ボトックスおよび充填剤技能移転コース

CPMC 眼形成講演シリーズ-
甲状腺眼症 – 2019年1月
無眼球症ソケット, 2019年6月
瞼の位置異常- 2019年11月

San Francisco
711 Van Ness Avenue, Suite 340,
San Francisco, CA 94102
510 763-0881
FAX: 510 763-0907

Walnut Creek
1820 San Miguel Drive,
Walnut Creek, CA 94596
925 256-9440
FAX: 510 763-0907

Oakland
400 29th Street, Suite 315,
Oakland, CA 94609
510 763-0881
FAX: 510 763-0907

Fremont
686 Mowry Avenue,
Fremont, CA 94536
510 763-0881
FAX: 510 763-0907

Palo Alto
1805 El Camino Real Suite 100,
Palo Alto, CA 94306
650 327-3937
FAX: 510 763-0907

Corte Madera
100 Tamal Plaza, Suite 120,
Corte Madera, CA 94925
510 763-0881
FAX: 510 763-0907

San Leandro
15051 Hesperian Boulevard, Suite D
San Leandro, CA 94578
510 763-0881
FAX: 510 763-0907

Copyright © 2022. All rights reserved. - Site developed and translated by Idea Translations