スキンキャンサー 皮膚ガン

基底細胞ガンとは何ですか。

基底細胞ガンは皮膚ガンの最も一般的な形です。このガンは、五十歳代および六十歳代の軽色肌の方に最も頻繁に生じます。特に日焼けをよくされていた方に多く現れます。基底細胞ガンは血液循環のリンパ液システムによって広がりませんが、成長することができます。従って、腫物がある場合は除去されることをお勧め致します。

眼瞼腫瘍の外科手術は困難ですか?

もちろん手術は、腫瘍のタイプとサイズによります。一般に、手術は、光鎮静作用を備えた局所麻酔薬を使用して、外来患者として行われます。腫物は除去され、マージンが病理学者によりチェックされます。これによりまぶたが多数の優れた技術で再建されます。