眼瞼手術

眼瞼手術はどのような過程で行われるのですか?

手術は外来患者手術センターにて行われます。ほとんどの処置には軽い鎮静作用がある局所麻酔薬が使用されます。回復は処置に依存します。しかし、一般的に 一週間から二週間ほど軽い痛みと腫れを感じます。術後、一週間は激しい運動や重たいものを持ち上げることはできませんが、それ以外であれば日常生活程度の 活動はできます。車の運転等も可能です。両まぶたに手術を受けた場合、術後目に継ぎを当てません。片方のみに眼瞼手術を受けた場合は確実な処置をする為、 一日片目に継ぎを当てます。最初の二日間に氷湿布で冷やすことは重要です。その後、腫れがおさまるまでに、暖かい湿布を使用し続けてください。暖かい湿布 は血管を拡大し、晴れや打撲傷を縮小する効果があります。

手術前に避けるべき薬物がありますか?

手術二週間前からアスピリンおよび非ステロイド性の抗炎症性の薬(例えば、Aleve、モトリン、アドビルなど)を回避することは非常に重要です。これらの薬物治療は小板機能に衝突し、外科中に血液が凝固することを抑えます。クーマディン(ワルファリン)あるいはプラビックスのような血液希釈剤をとっている場合、これらの薬物治療の使用を中止するにあたって、あなたのプライマリーケア内科医に確認することが重要です。

眼瞼リフトの効果はどのくらい持続しますか?

眼瞼リフト(眼瞼形成術)は一般に一回だけ行います。年齢により時々タッチアップを受けていだだくかもしれません。しかし、取り除いた目のまわりの皮膚や脂肪は戻りません。

体重を減らしたいと考えているのですが、眼瞼手術に悪影響はないのですか?

目のまわりの脂肪は体重と依存しません。よって、ダイエット等により体重が減少しても眼瞼手術の妨げにはなりません。