ケーブルリフト、あるいは経皮的な両頬リフト

 

ケーブルリフトとは何ですか?

ケーブルと経皮的な頬リフトは、ナソジュガルライン(鼻と唇の間が伸びることによりできる折り重ね)で、頬の組織塊を出口として臨時毛筋を渡って、小さな切り口を通じ縫合が行われる処置です。頬の組織塊が上げられ、ナソジュガルラインが柔らかくなりました。この処置は、局所麻酔薬を使用し、外来患者処置として実行されます。処置後、典型的に最小限のダメージを受けてしまう事とある程度の腫れは生じます。殆どの患者は一日程度で仕事や日常生活の活動に戻ることができます。